検品・梱包・箱詰めマニア
検品・梱包・箱詰めマニア > 基礎知識 > 工場の履歴書にはどんなことを書くべきか?書き方を解説

工場の履歴書にはどんなことを書くべきか?書き方を解説

Pocket

履歴書を書く前に、「履歴書は何のために書くのか?」について考えてみましょう。

履歴書の役割を考えよう!

履歴書は、「私はこういう人間です。」という自己紹介のためのもの。……確かにそれは、間違いではありません。
ただし、注意ポイントがひとつ。
自己紹介だからと言って、すべてを正直に書くためのものではない、ということ!
面接官は、履歴書から、「その人が会社に必要か、否か」を知ろうとします。
つまり履歴書とは、正直な自己紹介ツールではなく、会社に必要だと思わせる自己紹介ツールでなくてはいけないのです。

必要だと思わせる内容とは

面接官にとって魅力的な履歴書とは、聞きたいことが書かれている履歴書。
工場勤務のお仕事をGETするための、”かゆい所に手の届く”履歴書の書き方、考えてみましょう。

未経験で応募する場合
面接官に「工場勤務に向いているな」と思わせることが重要。
未経験でも「使える」と思ってもらえれば、経験者に勝つことができます。
そこでアピールすえるべきポイントとなるのが、集中力や忍耐力!黙々と行う作業が得意だと伝えることが、成功のカギとなります。

バイトで応募する場合
求人内容のどこに魅力を感じたのか、直接的かつ丁寧に書きましょう。
「自宅から近くて通いやすいので、長く勤務できると思いました。」
「給与面など、私の希望する条件に合っていたため、魅力的だと感じました。」などの内容でOK。
”魅力を感じている = 簡単に辞めない人材”、だと思ってもらうわけです。

正社員で応募する場合
条件面ではなく、会社に対して魅力を感じていることを伝えます。
「安心・安全な商品に魅力を感じました。」
「環境保全の活動に強く共感しています。」など、正社員として勤務する誇りについて書くといいでしょう。
”この会社でなければ!”という意欲があることをアピールすることが重要です。

履歴書は「面接官が自分に何を求めているのか?」をしっかりと考えて書くことが大切ですよ!

Pocket

関連記事

お役立ちコラム

(c) 検品・梱包・箱詰めマニア. All Rights Reserved.