検品・梱包・箱詰めマニア
検品・梱包・箱詰めマニア > 基礎知識 > 工場にはどんな仕事がある?工場のさまざまな種類まとめ

工場にはどんな仕事がある?工場のさまざまな種類まとめ

Pocket

工場勤務に興味を持って頂けた方が次に気になるのが、お仕事内容だと思います。
「簡単とは言っても……。」
「危険じゃ無いとは言うけど……。」
確かに、それだけの情報で飛び込むのは不安ですよね。
そんな不安を払拭するべく、工場勤務の一般的な作業内容についてまとめてみました。

工場勤務は、こんなお仕事

工場勤務には、大きく分けて5種類のお仕事があります。

ライン作業
長いベルトコンベアの前に立ち、流れてくる製品の組み立てや検査、または食品加工などをするお仕事です。
難しくはありません。一番重要なことは慣れること。作業は簡単で、未経験でも安心して取り組めます。

ピッキング
大きな倉庫を歩き回り、伝票に書かれた商品を棚から取って集めていく作業です。
通販の場合には、検品や梱包の後に出荷され、製造の場合には、ライン作業の材料となります。
運動量が多く、ダイエット効果を期待して働かれる方も結構おられます。

加工
道具や機械を使用して行う、加工業務です。
初心者がいきなり担当することは少なく、ある程度の経験者や、資格取得者などに任されます。

物流
倉庫やトラックなどから物品を運び出し、ラインへ補充するお仕事です。
扱う物品によっては力仕事となるため、男性に任される現場もありますが、物品が軽量である工場も少なくなく、その場合は、女性も多く活躍する職種です。
体を動かすお仕事で、アクティブな方に人気があります。

事務
工場勤務の中にも、事務作業は結構あります。
例えば、配達を行っている工場であれば電話対応など。工場によっては、総務・人事・経理なども任されます。

いかがですか?
気になるお仕事はありましたか?

どんな工場があるのでしょうか

「工場」と聞くと、何となく、自動車部品、精密機器、建材……といった「男の世界」っぽいイメージがあるかもしれません。
しかし、衣類や食品といった工場も、もちろんあります。
イメージだけで倦厭せず、まずはトライ!

Pocket

関連記事

お役立ちコラム

(c) 検品・梱包・箱詰めマニア. All Rights Reserved.